スポンサーリンク

LSPSL(棘突起縦割式椎弓切除術)〜Lumbar spinous process–splitting laminectomy for lumbar canal stenosis

手術記録テンプレート

(L3/4高位の除圧を記載)

全身麻酔下に患者をHall’s frame上にprone positionとした。イメージ下にL3にMarkingを行ったのち手術を開始した。

L3棘突起のmarkをmerkmalにL3-4棘突起上にca.3cmの正中縦切開を取った。棘突起の先端を露出しL3棘突起を縦割、基部にて折り、PVMとともに外側にRetractした。L3.4椎弓上縁を露出した。

Air tomeを用いてL3椎弓末梢側(中枢は黄色靭帯付着部上縁まで、外側は椎間関節を損傷しない範囲で)とL4椎弓上縁をdome状に削開し、黄色靭帯を露出した。黄色靭帯は高度に肥厚していた。黄色靭帯と硬膜との間には軽度の癒着は認めたが、硬膜を損傷することなく剥離可能であった。黄色靭帯を切除すると硬膜は膨隆し、呼吸性の拍動を認めた。

創部を生食で十分に洗浄し、硬膜外腔にdrainを1本留置した。

縦割した棘突起を縫合し、in-layerに閉創、手術を終了した。

術後下肢の運動は問題なく、またレントゲンでも高位に間違いがないことを確認した。

コメント