スポンサーリンク

ゆるドクの戯言

医学部合格に不可欠なたった一つの勉強法

2020年も残り僅かとなりました。

それと同時に毎年の如くまた受験シーズンが訪れます。

私が医学部に入学した当時からすでに医学部の人気は高かったのですが、近年はさらに人気が増しているような印象を受けます。

その受験当時から思っていたのですが、医学部に受かる人と受からない人の勉強方法に差があるように感じていました。

医学部に合格する人というのは何も全員桁違いに頭がいいわけではありません。正直、ほとんどの人は「普通」の人です。間違った勉強方法をしないことが大事です。

医学部生の留年が少ないのは間違った勉強をしないことが身についているせいなのかもしれませんね。

今回はその勉強方法の根幹となる大事なことを説明しましょう。

 

大学入試の出題範囲は?

ココがポイント

大学入試の出題範囲は高校のカリキュラム内のみ

進学校であってもカリキュラム以上のことは勉強していません。

進学校と普通の高校の違いはカリキュラムの進行速度くらいです。

そのため、進学校で特別な授業を受けていないと医学部に受からないなどということはありません。

また同様に医学部専門予備校などありますが、基本となる勉強範囲は他の予備校と同じでしょう。

出題範囲外のことを勉強しても意味がありませんから。

ただ、正直にいうと進学校はカリキュラムが早い分、受験に向けてカリキュラムの復習に取り掛かるのも早いため、有利ではあります。

 

不可欠な勉強法とは?

大事なことは「基礎を固めて、標準的な問題が確実に解けるようにしておく事」です。

これが医学部に受かる人と受からない人の1番の差になります

受験で最も大事なことはいかに点数を取りこぼさないかです。

10%の人しか解けない問題を解けることよりも80%の人が正解する問題を間違えないことが大事です。さらに言えば10%の人しか解けない問題も基本的には標準的な問題の応用であることが多いため、標準的な問題が解けない人はおそらく解けないと思います。

ではどのように勉強するのがいいのか?

具体的な方法は

ココがポイント

各科目それぞれ1冊の参考書を完璧に解けるようにする

これが一番伝えたいことです。

他の受験生が使っている問題集が気になっていろいろな参考書、問題集に手を出す人がいます。

残念ながら、このタイプの人は医学部には受かりません。

1冊を完璧にすることで標準的な問題のパターンを覚えてしまうと初見の問題でも驚くほど解けるようになります。

ちなみに私が当時愛用していた問題集はこちらです。

数学は(ほぼ)この3冊のみ

チャート式基礎からの数学1+A増補改訂版

価格:2,101円
(2020/12/19 23:39時点)
感想(12件) 

チャート式基礎からの数学2+B増補改訂版 [ チャート研究所 ]

価格:2,365円
(2020/12/19 23:40時点)
感想(7件)

チャート式基礎からの数学3改訂版 [ チャート研究所 ]

価格:2,156円
(2020/12/19 23:40時点)
感想(9件)

物理と化学は (本当に)この2冊のみ

2021 実戦物理重要問題集 物理基礎・物理

価格:990円
(2020/12/19 23:35時点)
感想(0件)

2021 実戦化学重要問題集 化学基礎・化学

価格:1,001円
(2020/12/19 23:35時点)
感想(0件)

理系科目逃げ切り型だったので英語・国語はどうやって勉強していたのが覚えてないです

下記はやってた覚えがありますが、それ以外は不明です。

英単語ターゲット1900 大学入試出る順/ターゲット編集部【1000円以上送料無料】

価格:1,210円
(2020/12/19 23:45時点)
感想(1件)

なお、社会は世界史を選択していたのですが、教科書丸暗記しかしていません。

詳説世界史B 改訂版 [世B310] [平成29年度以降使用] 高校用文部科学省検定済教科書 山川出版

価格:2,200円
(2020/12/19 23:50時点)
感想(3件)

これに関してはもっといい勉強方法があると思うのでオススメできません・・・

 

過去問は最強の参考書

1冊を完璧にした後の勉強はひたすら過去問です。

過去問で出ている問題はもう出ないと思っていませんか?

確かに全く同じ問題は出ないでしょう。

しかし、問題を作る側も例年に比べて過度に難しい問題や簡単な問題を出すことはしません。過去の問題を参考に問題を作ることが多いのです。

自分が受ける大学の過去問は最低でも5年以上はやりましょう。

そしてこれも何度もやりましょう。

過去問に似た問題が出た時に「見た事あるのに・・」となったら最悪です。

 

面接の練習は?

医学部受験には漏れなく面接試験があります。

マジな話ですが・・・面接の練習なんかいらない

そんな事する暇あれば寝た方がマシです。

実は面接は「ヤバイ人」を弾くためだけです。多浪生を弾くとかそういうわけではありません。

(ただし、国公立に限る話かもしれません。)

おかしな思想(「私は神だ!!」など )ではないことを確認しているだけです。

これは試験官に確認したので、私の所属する大学ではマジです。

 

ただし、試験がセンター試験(死語?)と面接のみなどの場合は別です。

この場合はしっかり面接対策をしましょう。

 

まとめ

医学部の希望者が多くなっているにもかかわらず、医学科の定員はほとんど変わっていません。

年々狭くなっていく門を潜り抜けるために「間違った勉強」をしていては遠回りになってしまいます。

合格する人は大体同じような勉強をしています。

これを読んだ受験生は同じ勉強をして医学部に入りましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ゆるドク

2018年に整形外科専門医となる。 現在は地方都市で勤務医として働いている30代、二児の父ちゃんです。 ゆるく生きる事を目標に毎日の仕事をしつつブログを作成しています。 『目指せゆるドク!!』

-ゆるドクの戯言

© 2021 整形外科医 ゆるドク のブログ Powered by AFFINGER5