スポンサーリンク

脊椎 手術記録テンプレート 腰椎

手術記録テンプレート:腰椎変性側彎症〜MIS T-LIF 〜 L5/S高位の場合

 

全身麻酔下に針電極をADM,Quadri,TA,Gastro,AHに設置し、Br(E)-MsEPにてmonitoring(200mA)を施行。Pt.をhall frame上に腹臥位とし、イメージ下にL4右椎弓根にK-wireをを刺入し、手術を開始した。

術前に刺入したL4のmarkをmerkmalにL4-5棘突起直上から右外側1.5cm上にca4cmの縦切開を取った。皮下を展開し、Wiltse paraspinal approachにてL4椎弓右外側、右L4/5椎間関節を露出した。右L4下関節突起および右L5上関節突起を平ノミにて切除した。切除した関節突起はbone tipにし、骨移植用とした。残存する右L5上関節突起をair tomeで切除し、黄色靭帯を露出。右L4神経との癒着を剥離した上で切除し、右L4神経根を露出した。続いて右L4およびL5椎弓根にPedicle Screwを挿入し、Screw head(または右L4.5椎弓)にスプレッダーを装着し、椎間を開いた状態にした。右L4神経根腋窩部より髄核鉗子・キュレッターを用いて髄核組織、軟骨終板を掻爬・摘出した。椎間板腔内に自家骨(局所骨or腸骨)(追加で人工骨 βTCPやグラフトン)を挿入し、●mmのcageを挿入した。compressionかけつつ、●mmのRodを用いてScrewを締結した。続いて左L4.5椎弓根の直上に皮切を加え、筋膜を切開。PPSのシステムを用いて各々の椎弓根にScrewを刺入し、●mmのRodを締結した。創部を生食で十分に洗浄し,OPEN側に1本drainを留置後,in-layerに閉創,手術を終了した。

術中、MEP波形の電位の低下は認めなかった。

また術後、術前と比較し、筋力低下は認められなかった。

スポンサーリンク

-脊椎, 手術記録テンプレート, 腰椎

© 2020 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5