スポンサーリンク

腰椎椎弓切除 SCD~Semi circumferential decompression

General anesthesiaの下、PtをHall’s frame上prone positionとし、L3にMarkingを行ったのち手術を開始した。

L3-4棘突起上に30mmのskin incisionを加えて皮下を展開。L3棘突起下縁、L4棘突起上縁を露出した。

L3/4の棘間靱帯をメスで縦切したのち、PVMを温存するために棘突起正中進入を行い、黄色靱帯頭側端までL4椎弓内板をAir tome 4mm burrにて削開した。McCulloch開窓器にてL3/4椎弓間を展開した.

Air tome φ4→3mm burrで両L3 IAP(inferior articular process)内側を一部削除しL4 SAP(superior articular process)の立ち上がりを確認した.両L4 SAP,L3 椎弓下,L4椎弓上縁から,肥厚した黄色靱帯を剥離して摘出した.黄色靱帯-硬膜間には脂肪組織をみとめたが、これと黄色靱帯の癒着はなかった。

両側L4根周囲の癒着はなく、可動性も良好であることを確認した.

除圧後、硬膜管の膨隆、拍動は良好であった。

J-VAC drain tubeをL3/4椎間に留置し,in-layersに閉創し,手術を終了した.

術前後で下肢運動に変化はなかった。

コメント