スポンサーリンク

脊椎 手術記録テンプレート 腰椎

手術記録テンプレート:腰椎椎間板ヘルニア(外側ヘルニア)〜顕微鏡下椎間板摘出術〜

右L3/4椎間孔内椎間板ヘルニアに対して

---

 

全身麻酔下にPt.をhall frame上に腹臥位とし、イメージ下に右L3椎弓根に1.2mmK-wireにてマーク針を刺入し、手術を開始した。

右L3椎弓根に刺入したマーク針を指標にL3/4外側にCa.5cmの皮切を加え、筋膜を切開、筋間(またはWiltseのアプローチにて)を分けて展開した。右L3横突起基部、右L3椎弓外側、L4右上関節突起外側を露出した。L3椎弓根の末梢部からL3椎弓外側、L4上関節突起外側をair tomeにて削開し、flavumを露出した。flavumを切除するとdiscにより下方から押し上げられている右L3 rootを認めた。またその末梢側より圧迫しているヘルニア塊(subligamentous extrusion type)を確認した。なお、神経根伴走血管は著明に怒張していた。線維輪をスピッツメスを用いて割を入れ、変性した髄核を髄核鉗子にて摘出した。除圧により神経根の可動性は改善した。創内に出血がないことを確認た。

創を十分に洗浄後にSBドレーンを1本留置した。

アナペインを創部に局所注射した。創をin-layerに閉創し手術を終了した。

術後は両下肢motor問題なかった。

スポンサーリンク

-脊椎, 手術記録テンプレート, 腰椎

© 2020 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5