スポンサーリンク

脊椎 頚椎 手術記録テンプレート

手術記録テンプレート:環軸関節亜脱臼〜C1-2後方固定術

Screw長は術前のCTにて大まかに計測をしておくこと

全身麻酔下にカーボンフレーム製のMayfieldにて頭部固定し、Hall frame上に腹臥位とした。表面電極をDeltoid,Biceps,Triceps,ADM,TA,AHに設置し、Br(E)-MsEPにてmonitoringを施行した。

外後頭隆起からC2棘突起直上に皮切を加え,項靱帯を正中で切開し,後頭骨およびC1後弓とC2の棘突起を露出した。C1後弓を電気メスとツッペルを用いて椎骨動脈に注意しながら外側まで展開し,C2も椎弓を外側塊まで露出した。まずC1の外側塊にnotch法(tan法の場合もあり)にてLateral mass screw(基本、Half threadを使用)を刺入した。続いてC2にLamina Screw(Pedicle screwやPars screwのことあり)を刺入した。

ここで左の腸骨から板状骨と海面骨を採取しておいた。

C2 LSに対しコネクターをセットし、イメージにてC2を整復しながら(C2棘突起を中枢側に持ち上げ、前方に押した)RODを固定した。C1後弓からC2椎弓をDecorticationし、海面骨、板状骨を移植した。絹糸をロッドにかけるようにして移植骨を固定し、さらにグラフトン®︎も移植した。

創部を洗浄し、創部にドレーンを1本留置、in-layerに閉創した。

術後、上下肢の運動に問題はなかった。

以下は手術のイメージ図

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ゆるドク

地方で勤務医として働いている30代
整形外科専門医 | 脊椎脊髄病医 | 難病指定医
『ゆるく生きる』がモットー
お仕事の依頼はTwitterのDMから
病気の相談はご遠慮ください

-脊椎, 頚椎, 手術記録テンプレート

© 2021 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5