スポンサーリンク

脊髄硬膜内髄外腫瘍 頚椎C1ー2高位 神経鞘腫

手術記録テンプレート

全身麻酔下にてMayfieldにて頭部固定し,針電極をdeltoid, biceps, triceps,ADM,TAに設置し,Br(E)-MsEPにてmonitoringを施行。

Hall frame状に腹臥位とし,頭頂部に刺激電極を設置後,手術を開始した。

C1-2直上に正中縦切開を取り、C2棘突起先端を露出。C2棘突起を縦割し、PVMと共に外側にRetractした。C1後弓およびC2椎弓上縁を露出し、Mixed Reality(又はナビゲーションシステム)を用いて椎弓及び腫瘍の位置、椎弓の切除する範囲を確認した。C1後弓およびC2椎弓上縁をAir tomeにて削り、切除したepidural bandを切開し、硬膜を露出。エコー下に腫瘍の位置を確認し、同部の正中を縦切した。クモ膜とともに6-0ナイロンでテンティングを施行した。腫瘍は硬膜との連続性はなく、脊髄軟膜内側に存在していた。さらに腫瘍は左C2神経根との連続も認めた。脊髄軟膜を切開し、Piece by pieceに腫瘍を切除した。根糸との連続部位では根糸を刺激し、筋の反応がない事を確認した上で焼灼処理し、切離した。腫瘍を核出したのち、クモ膜内の出血がないことを確認し、硬膜を6-0ナイロンで連続縫合を施行し、ブローでの大きな髄液漏がないことを確認した。

創部を生食で十分に洗浄し,drain留置し,縦割した棘突起を縫着し、In-layerに閉創した。

術中monitoringでは腫瘍切除時に左deltoid, biceps, triceps,ADM,TAにおいて電位の低下を認めたが、70%以上の電位の低下は認めなかった。

術直後は左上下肢の運動低下は認めなかった。

迅速病理ではschwannomaであった。

コメント