手術記録テンプレート:脊髄終糸症候群(Tight Filum Terminale)〜脊髄終糸切離術〜

脊椎
---
スポンサーリンク

全身麻酔下で患者をhall frame上に腹臥位とした。

針電極をADM, Quadriceps, TA, AH, analに設置し,free runによるmonitoringを施行,手術を開始した.

術前に刺入したL5棘突起の12G針をmerkmalにL5~S1棘突起上に約5cmの正中皮切を加え、椎弓を露出、PVMを剥離した.

air tomeを用いてL5椎弓下縁,S1椎弓上縁の骨皮質を削開し,黄色靭帯を露出した.黄色靭帯の肥厚・硬膜との癒着は認められなかった.echoで脊髄終糸と思われる索状物を確認した

まず硬膜,続いてくも膜をスピッツメスで切離し,6ー0 nylonにてtensionをかけて(tentingを施行),くも膜下腔を開放した.神経根糸に混じり,神経根糸より白みがかった終糸を確認した.バイポーラー型刺激電極で根糸,終糸をそれぞれ刺激すると,根糸を刺激した際には前脛骨筋や肛門括約筋から明らかな電位が導出され,終糸を刺激した際にはすべての筋において電位の導出はなかった.終糸を焼灼・凝固し切離したところ,終糸の中枢端は中枢の硬膜内へと短縮した.

患者の体位を頭部を下げるようにした後,硬膜・くも膜は6-0 nylonでrunning sutureした.気道内圧をあげても脳脊髄液は漏出しないことを確認した.

創を充分に洗浄した.J-VACを硬膜外に1本留置し(陰圧はかけず),創部をin-layerに閉創した.

術後下肢の運動は術前と変化無かった.

コメント

タイトルとURLをコピーしました