スポンサーリンク

ゆるドクの戯言

手術記録テンプレート:上腕骨骨幹部骨折〜髄内釘〜

Stryker T2 nail 上腕骨用 φ〇〇㎜、〇〇mm end cup 〇〇mm

全身麻酔下に患者を仰臥位とし、手術を開始。

まず、左肩甲骨肩峰を皮膚上より触知し、その前外側の角から20度の方向に約5㎝の直線上の皮切を加えた。皮下を展開し、三角筋を露出。線維方向で筋膜を切開し、三角筋を鈍的に分け、滑液包を露出。滑液包を切開し、棘上筋を露出。指で大結節を触知し、透視下にガイドpin を刺入。大腿骨頭中央を通っていることをimageで確認し、棘上筋を線維方向に切開。リーマーで開孔し、ガイドwireを挿入。徒手的に末梢骨片を整復位とし、骨幹部髄内へガイドwireを誘導。ガイドwireが骨幹部髄内へ刺入されていることを確認し、髄腔内のリーミングをφ〇〇㎜(ネイル径+1mm)まで行った。ガイドwire を入れ替え、長さを測定。Stryker T2 nail 上腕骨用 φ〇〇㎜、〇〇mmを使用することとした。

Image下に確認しながらできるだけ遠位までnailを挿入。この際、骨折部での回旋に注意し、整復位を保持しながらnailを進めた。十分にnailが挿入されたことを確認し、骨折部にコンプレッションをかけるべく、まずは遠位holeから固定。透視下に遠位hole を固定した。ハンマーにてnailを引き上げ、骨折部にコンプレッションを加えた後、近位holeを固定。

Image下にアライメントが良好であることを確認し、創部を生理食塩水にて洗浄。棘上筋を1-0サージロン、三角筋筋膜を3-0PDS、皮下を3-0バイクリル、皮膚を4-0ナイロン糸にて閉創し、手術を終了。術後は三角布固定とした。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ゆるドク

地方で勤務医として働いている30代後半
整形外科専門医 | 脊椎脊髄病医 | 難病指定医
医療ライター
『ゆるく生きる』がモットー
お仕事の依頼はTwitterのDMから
病気の相談はツイキュアへ https://twicure.com

-ゆるドクの戯言

© 2022 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5