スポンサーリンク

脊椎 手術記録テンプレート 腰椎 外傷

手術記録テンプレート:椎体破裂骨折〜腰椎後方除圧固定術+椎体形成〜

L1椎体破裂骨折の場合

Screwの太さ、長さは術前にCTで確認してください。

全身麻酔下にPt.をAllenのベット上に腹臥位とし,L1棘突起にK-wireを刺入,手術を開始した。

T12ーL1棘突起直上に皮切を加え,皮下を展開。T12-L1棘突起を縦割し,PVMと共に外側にRetractした。Air tomeを用いてT12椎弓下縁,L1椎弓,L2椎弓上縁を切除し,黄色靭帯を露出した。黄色靭帯を切除し,硬膜を露出した。硬膜が呼吸性に拍動することを確認し,さらにechoを用いて骨片による圧迫が解除できていることを確認した。

続いてL1の椎体形成を開始。T12ーL2椎弓外側の筋膜を切開し,Wiltse傍脊柱アプローチにて筋層を展開した。まずL1椎弓根よりエレベータを挿入し,椎体を可能な限り持ち上げ,HAブロックを刺入して椎体を形成した。同部にはφ●●mm×30mm(一番短い)のScrewを刺入した。その後T12,L2椎弓根に椎弓根スクリューを刺入した。

この時点で脊柱管内を洗浄し,ドレーンを1本留置し,中央の筋膜を縫合した。

左右のRODをベンディングしてIn situにて設置できるようにし、T12ーL2間でDistractionも施行したのちset screwで締結した。

創部を生食で十分に洗浄しIn-layerに閉創,手術を終了した。

RODにより,Dead spaceが少なくなります。棘突起の温存は硬膜外血腫のリスクもあるため、症例によっては切除する方が望ましい場合もあります。

下記は参考写真

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ゆるドク

地方で勤務医として働いている30代
整形外科専門医 | 脊椎脊髄病医 | 難病指定医
『ゆるく生きる』がモットー
お仕事の依頼はTwitterのDMから
病気の相談はご遠慮ください

-脊椎, 手術記録テンプレート, 腰椎, 外傷

© 2021 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5