スポンサーリンク

医療カテゴリー ゆるドクの戯言

不動産投資の電話が「劇的」に無くなる方法

研修医になり、働き出すと謎の電話がかかってきます。

「節税対策に興味ありませんか?」と。

実はこの電話、出てしまった時点でアウトです。

特に「もしもし、●●です。」と名前を言ってしまったら最悪です。

この電話、ただのマンション投資の電話です。

一度出てしまうと次々と電話がかかってきて鬱陶しいです。

おそらくですが・・電話番号と名前、性別などをリストアップしたものが売っているのでしょう。

そもそもどこから電話番号が漏れているのかが謎すぎますが・・・

知らない電話番号から度々かかってくるのは正直ストレスです。

今回はこの電話に対する対処方法をお伝えしようと思います。

電話でかかってくる不動産投資は100%損します。節税にも一切なりません。
そもそも損をしないお得な不動産があればわざわざ営業をかけて売る必要ありません。

 

やっても効果のない対応

即切り

電話にでた途端、営業が始まるのですぐに切ることでその場は大丈夫です。

しかし、その番号が予定していた医師の番号であると判断するのか絶対同じ電話番号から何度もかけてきます

何度もかかってくるのは面倒ですよ。

当人ではないと言い張る

まぁ無駄です。

一度切れたとしてもすぐにかけ直してきます。

そして再度違うと言っても今度は「いやいや分かってますよ」みたいなテンションで話しかけてきます。

面倒な感じが増すのでお勧めできません。

「興味ない」「電話リストから外せ」

電話をかけてきた相手は電話をかけることが仕事になっているような人です。

こちらが興味あるかどうかなんか気にしません

そして興味ないからと言ってもこちらの番号をリストから消してくれるような事はしてくれません

リストの電話番号が減ったらその電話番号リストの価値は下がります。

リストはまた次の業者に情報として提供(売却)されるわけです。

わざわざ価値を下げるような事をしてくれると思いますか?するわけありません。

次にリストが渡った業者がまた手当たり次第電話をかけるので、この対応は意味ありません。

無視・無言

もしかしたらですが電話をかけている時間などによって報酬が変わる会社があるのかもしれません。

私も何度も試しましたが、携帯を10分間置いておいても一人漫談の如くずっと喋っている人もいます。

そう言った強者?は通話時間が稼げるからか翌日もかけてきます。

一番面白かった?人は最初に無視をして歯磨きをしている音をずっと聞かせていたんですが、翌日も電話をかけてきて、出た途端に「先生のシャコシャコ音また聞かせてください!」とほざいた人もいますww

 

 

電話が掛からなくなる方法

電話番号を変える

究極にはこれになります。

電話番号がバレているのであればこちらの電話番号を変えてしまえば良いわけです。

最近はLINEなどSNSを利用したやり取りが主流となっているので、電話番号を必要としないことが多くなっています。

LINEであれば電話番号を変更してもアカウントを移行すれば以前と同様に周囲の人と連絡が取れるので電話番号を変えるのは一つの手だと思います。

異性に協力してもらう

上記の方法が間違いないのですが、「電話番号変えるのは面倒だから嫌だ!」

という方の方が多いのではないでしょうか。

そこでもう一つの方法として「異性に協力してもらう」と言う方法があります。

怪しい電話がかかってきたら近くにいる異性に電話の受け答えをしてもらいましょう。

流石に異性が出ると向こうもこの電話番号間違ってるやん!と判断してくれるようです。

向こうは比較的小金持ちでローンも組みやすく、マネーリテラシーが低く、騙しやすい医師を狙って電話をかけてきています。

そのため医師でないと判断した電話番号には興味がなくなるようで、その電話番号はリストから外されるようです。

実際、私はこの方法を用いて以降、一度も迷惑電話が掛かってきたことがありません。

 

まとめ

今回は多くの医師が直面する迷惑電話に対する対処方法を書いてみました。

実際に私が行ってきて効果があったもの、なかったものを挙げています。

他にも良い方法があればぜひ教えてください。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ゆるドク

地方で勤務医として働いている30代
整形外科専門医 | 脊椎脊髄病医 | 難病指定医
『ゆるく生きる』がモットー
お仕事の依頼はTwitterのDMから
病気の相談はご遠慮ください

-医療カテゴリー, ゆるドクの戯言

© 2021 ゆるドクのブログ Powered by AFFINGER5